×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

概要

漫画と感慨

漫画は、現時性と線上性とが複合した一連の絵である。現時性とは「その全てを一望して把握できること」、線上性とは「流れの中で部分を辿り、把握していくこと」である。法隆寺の落書きのような卑俗な笑いから、フランス革命前夜のビラのような体制への嘲笑であったり、また時に、ゴヤのような人間存在を揺るがす鋭いブラックユーモアであったりする。その歴史は長く、時代・地域・社会層によりさまざまな形で存在してきた。形式は極めて多様であり、厳格な定義は殆ど意味をなさない。

漫画では情景や人物の動作などは情報伝達の際に、その絵を提示する事で表現されることがある。視覚芸術の一分野に位置付けられるが、1つの画面で完結しない「時間の継起性」において、時間の一瞬を切り取った(近代以降の)絵画とは区別され、1つの画面(フレーム)がコマを指すのか紙面を指すのか不確定なところに、フレームが1つしかない映画との区別がなされる。

英語の comic という言葉はヨーロッパ諸国へも輸出され、ドイツ語の Comic(コミーク)やロシア語の Комикс 等の呼び名は、英語の comic に由来する。そしてオランダ語では主に strip が漫画の呼び名として使われている。ただし、ドイツ語でも漫画に対して自国語由来の Bildergeschichte (ビルダーゲシヒテ、絵の物語)という言葉が使われる事がある。一方、漫画に対して英語の comic とは異なる呼び名を持つ言語圏も多数あり、フランスやベルギーといったフランス語圏では bande dessinée (バンド・デシネ)が使われている。これは「絵の描かれた帯」という意味で、英語の comic strip と同様に、漫画のコマの配列について言及した言葉である。

現在のアメリカン・コミックス形式で出版された最初の漫画は、日曜版のタブロイド判サイズを二つ折りにした形式による、『ファニーズ・オン・パレード』であった。ニューヨークのイースタン・カラー・プリンティング社で働いていたハリー・L・ウィルデンバーグとマックス・C・ゲインズにより、広告用の景品として1933年に出版されたこの雑誌の成功は、同種の景品雑誌出版の呼び水となった。やがてゲインズは余った雑誌に10セントの価格を表示したカバーを掛けて、ニューススタンドで販売することを思い付き、それらをすべて売り切った。これにより、イースタン社はニューススタンドで販売される漫画雑誌『フェイマス・ファニーズ』を1934年5月に創刊した

漫画とWEBサイトの繋がり

漫画は常に娯楽の中心にあり手頃で特に子どもたちから愛されてきた。特に昭和初期に手塚治虫を始めとした、偉大な漫画家が現れることでそのセンスにも磨きがかかって来た。長く紙面で表現される漫画が人々の生活に深く入り込み、またテレビでの放映によりその支持層を深く広めていくことになる。そして、この十数年のインターネットやWEBサイトの発展により、ブログで紹介されることも多くなりより口コミに触れる機会が増えてきた。漫画はさらに次のステップへと変化しつつある。多くの人は携帯端末やスマートフォンを手に持ち、そしてその中で漫画を読むことができるようになった。これは漫画の流通経路にも深く影響し、ビジネスの在り方としても大きく変換された出来事と言える。


since2010 © 美術について